自律神経失調症は漢方で治療が可能|バランス整えて健康生活

頭痛や冷え性に効くサプリ

生薬

頭痛と冷え性の原因

しつこく続く頭痛や、頭の重さに悩まされている人は少なくありません。このようなタイプの頭痛は緊張型頭痛と呼ばれ、首や肩の凝りが頭痛に発展している例も多いものです。血行が悪くなっていることが原因として挙げられますが、血行が悪くなると手足も冷えやすくなります。そのような症状を訴えて内科などを受診しても、特に異常なしと診断されるケースがあります。頭痛や冷えの原因としては、自律神経失調症の可能性も否定できません。ストレスや生活リズムの乱れが原因となって交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、血行が悪くなっているとも考えられます。このような症状を改善させるには、病院で出される薬よりも頭痛や冷え性に効果のあるサプリメントの方が役に立つことが多いものです。自律神経失調症に効くサプリメントには多くの種類があります。

東洋医学の効果

自律神経失調症の治療には、西洋医学よりも東洋医学の方が向いていると言えます。市販の頭痛薬がなかなか効かない頭痛でも、鍼灸やマッサージによって症状が改善する例がよくあるのです。東洋医学では冷え性も重視されています。漢方薬でも頭痛によく効くという呉茱萸湯が知られています。呉茱萸湯は冷えを抑える作用もあると言われており、自然の木や草から取った4種類の生薬から組成されています。鍼灸院やマッサージ院、漢方薬は少々敷居が高いという人も少なくありません。もっと手軽に頭痛や冷え性の症状を改善させたいという人は、ドラッグストアや通販で購入できる漢方系のサプリメントを試してみるのもいいでしょう。漢方系のサプリメントには高麗人参などの薬用人参が多く使われています。人参は呉茱萸湯を作る生薬の1つでもあります。自律神経失調症の症状改善には時間がかかるのが普通ですから、2、3か月は続けて飲むことが大切です。

快適な毎日を過ごすために

色々な漢方薬

更年期障害を治療するため、安全性が高く少しずつ効果が実感できる治療を求めるなら、漢方があります。中高年の女性だけでなく、男性や若者にも更年期障害の症状が広がっているため、新しい取り組みが求められています。

Read

この年代特有の症状を改善

生薬

40代、50代になると更年期になります。ホルモンバランスが崩れてしまうために、心身両方にさまざまな不調が出てしまいます。そんなときは漢方薬が効果的です。専門医がいる病院か漢方薬を専門としている薬局で相談してみましょう。

Read

身体を養生する薬

3種類の生薬

現在、漢方薬治療は様々な医療現場で取り入れており、更年期治療に於いても認められた治療法の一つです。漢方治療とは一度飲む事によって、副作用が起こるということはほとんどありません。また、ホルモン補充と併行して、漢方薬を用いることも珍しくはありません。

Read