自律神経失調症は漢方で治療が可能|バランス整えて健康生活

身体を養生する薬

3種類の生薬

少ない副作用

女性の更年期がいつ訪れるかは個人差があり、定かではありません。データー上では40代後半頃から60歳位で迎えるケースが多いと言われています。女性の更年期の原因は女性ホルモンのバランスにあります。女性ホルモンが乱れると身体と精神に様々な異常が現れ始めます。症状には個人差がありますが、のぼせ・頭痛・イライラ・発汗・不眠・めまい・動悸・うつなどの症状が多いのが女性の更年期の特徴です。また女性特有の卵巣機能の衰えから来るエストロゲンと言われる女性ホルモンの減少も、心身と精神に影響を与える原因となります。女性の更年期治療にはホルモン補充が主流ですが、ホルモン補充が出来ない場合や様々な更年期の症状を抱えている場合には、漢方薬による治療が試されるケースが多くあります。

女性だけの病気ではない

更年期とは女性特有の病気と思われがちですが、男性でも更年期はあります。40〜60歳ぐらいの男性に多く、仕事や家庭内に於いてストレスや心配事の多い年齢の男性が掛かりやすい病気です。その原因は女性同様にホルモンにあります。男性ホルモンの分泌は20歳代が最も活発で、40歳代に入ると筋力の低下や体内脂肪の増加、性機能低下、不眠、意欲の低下などが現れ、酷い場合にはうつ状態になります。通常では男性の更年期には注射によるホルモン補充が行われますが、前立腺ガンのリスクを高めることや、血管を傷めるなど副作用の心配があるので注意する必要があります。その点、漢方に於いては副作用が少ないのが特徴です。漢方の薬は種類が多く細かく分類されており、更年期の治療に用いる場合には症状と体力を考慮して試していく事になります。またホルモン補充だけでは効果が出ない場合いに、合わせて漢方薬を用いることもあります。