自律神経失調症は漢方で治療が可能|バランス整えて健康生活

この年代特有の症状を改善

生薬

ホルモンバランスが崩れる

40代、50代になると更年期になります。その年代になるとホルモンバランスが崩れさまざまな体調の不調が出てしまいます。いわゆる更年期障害です。エストロゲンの減少が原因です。といってもまったく何のことだかさっぱり分からないと思いますが、この年代に人にはよくある体調の不調のことです。ほてりやのぼせ冷え性、疲れやすいだるい、イライラやうつ症状などさまざまな症状が出ます。いつもと違う症状が長く続きます。今まで普通に生活していたものがなんだかおかしいと感じた場合、この年代であれば更年期障害を疑いましょう。と同時に健康診断を受けることをおすすめします。似たような症状で他の病気が隠れている場合もあるからです。

東洋医学がおすすめ

更年期障害となるとつらい症状が長く続いてしまいます。西洋医学の薬では副作用があり症状を改善できることもありますが、副作用で苦しむこともあります。そうならないためには漢方がおすすめです。漢方は更年期障害にとても有効な薬があるのです。漢方は症状から判断するのではなくその人の全身を診ます。ですからその人に合った薬が処方されるのです。身体に出る不調だけでなく精神的な不調も改善することができます。ドラッグストアーなどでも更年期特有の漢方薬が売られています。それよりも漢方薬を専門とする病院で治療することをおすすめします。保険適用もありますから費用を抑えることもできます。近くにない場合は漢方薬を専門として扱う薬局で相談するのも良い方法です。